実際どうなの?家庭用レーザー脱毛器

一般的に脱毛処理を受けるためには、専門のエステサロンかクリニックに行って施術を受けます。そこで受けられる脱毛処理は光を使ったもので、光やレーサーを使った処理を行います。この処理の特徴は毛の黒い色に反応する光を使い、その光の熱で毛根を焼いて処理をします。

皮膚の表面から処理ができるので痛みが少なく、皮膚にかかる負担も小さいです。また専用の冷却ジェルを塗ってから行うので、熱によるやけども起きないようになっています。ただしこの処理を受けるためにはかなりのお金が必要で、また近所にない場合はそもそも通うことができません。

そのような時は家庭用の脱毛器を利用することになります。家庭用の脱毛器はエステ等と同じ光を使ったレーザー脱毛器が多いです。
このレーザー脱毛器の性能は、エステなどで受けるものよりは性能が低くなっています。

そのため照射をする回数を増やす必要はありますが、効果はエステなどとそれほど変わりはありません。問題があるとすれば冷却や照射前に毛をそっておくことを、自分でやらないといけないのでその負担があります。ただそのような負担以外は特に違いはなく、使い方を守って利用すればエステなどとほぼ同じ効果を得られます。

レーザーの種類をチェックしよう

家庭用レーザー脱毛器にはいくつか種類があります。レーザー脱毛器は、家庭用フラッシュ脱毛器と比べると照射範囲が狭くなっています。レーザー脱毛器の種類によっては使う事ができない体の場所がある場合もあります。適切な使用をすれば安全に使用することが出来、肌へのダメージも少なく脱毛を行う事が出来ます。

そして、使い続けることによって、最終的には永久脱毛まで可能になります。どの機種にも共通していえることは、ムダ毛が生えてくる周期に合わせてレーザー脱毛器を使う事と、脱毛を行う前に健康状態のチェックが必要です。月経日の前後や、風邪などを引いていて体調が悪い時は、体の免疫力が低下しているため、思わぬ肌のトラブルを招いてしまうこともあります。

お肌のコンディションや、体調の状態が良い日に行うようにしてください。日焼けをしたばかりの状態なども、肌の皮膚が弱っているために、脱毛をするにはふさわしくありません。ムダ毛を脱毛するためだけにエステサロンに通うという事がなくなるので、時間的な負担がかからなくなるため、とても便利です。夏のレジャーなどで肌の露出度が高くなる洋服や水着などでも安心して着用できるようになります。

レーザー脱毛器の仕組み

家庭用レーザー脱毛器は、レーザーを脱毛させたい部位に照射することで毛が生えてこないようにします。レーザーとは一定の波長に設定されている光で、レーザーの波長を当てることで色や物質を変化させることができます。

そのレーザー特有の性質を利用する形で、長年の間ホクロやシミなどの皮膚の治療に使用されてきました。ホクロやシミの色素に対してレーザーを照射することで色素を壊すことが可能なわけですが、そのレーザーを照射した部位に毛が生えてこないことがわかりました。
家庭用レーザー脱毛器はメラニン色素に反応するように波長が設定されていますので、レーザーを照射することで熱を発生させてメラニンやその周辺の部分を壊すことができます。

メラニンは毛が生えるために必要なもので、毛根やその周りに多くありますのでレーザーを照射することで毛が生えることを防ぐ仕組みになっています。家庭用レーザー脱毛器で使用されているレーザーは疑似的なもので、本来の医療機関などで使用される器具とは異なる
ものとなり、エネルギーとしては劣りますが、通常の脱毛処理に対して使用するためには十分なエネルギーがあると言えます。
使用する上では個人差はありますが、痛みを感じる場合もあるので、そのときにはクリームなどを塗ると良いです。

クリニックのレーザー脱毛と比較

家庭で使えるレーザー脱毛器が登場し、話題となっています。自宅に居ながらにしてレーザー脱毛ができるなら、これに越したことはないですよね。しかし、やはり家庭用となるとクリニックの脱毛器とは異なるもの。そこで、家庭用レーザー脱毛器とクリニックのレーザー脱毛を比較して、それぞれのメリット、デメリットを検証します。
家庭用のレーザー脱毛器のメリットは、何といってもいつでも脱毛できるところです。クリニックでは予約をしてその日に通う必要がありますが、希望の日時で予約ができるとは限りませんし、そこまで通う手間がかかります。それが自宅で好きな時にできるのは、大きなメリットです。
また、1台で全身の脱毛ができるのもメリットです。いちいちマシンを変えなくていいので楽ちんです。
一方のデメリットはというと、出力量が低いことです。家庭でも使えるようにどうしても出力量が弱くなっているのです。そのため、思うような効果が出ないこともあるのです。
それに、不安感も否めません。いくら説明書を読んだり、使用者の口コミを見てその通りに使っても、感じ方は十人十色です。どの痛さまでが大丈夫かわからないのです。実際に医療機関やエステで脱毛の経験があれば、何となくわかるのですが、そうでないならどこまでオーケーがわかりにくいのです。

家庭用なら自宅で手軽に脱毛出来ちゃう

脱毛のため、美容皮膚科に通おうかと考え中の方に朗報があります。実は家庭用のレーザー脱毛器が販売されているのです。これを購入すれば、自宅で好きな時間に脱毛ができるのです。

家庭用とはいってもレーザー脱毛器なので、メンテナンス費用なども考えるとそれなりの金額がかかります。それでも医療機関で全身脱毛をする値段よりは、だいぶ安い金額で済ませることは可能です。

家庭用のメリットは金額だけではありません。何といっても好きな時にお手入れができることでしょう。医療機関では予約をして、その日に行く必要があります。そもそも予約自体がうまくとれないことも多いですし、予約日に予定が入ることもあるでしょう。それにレーザー脱毛は毛周期に合わせて照射をしないと、その効果が半減してしまいます。予約がとれないという精神的ストレスだけでなく、効率も下がるのです。

それがレーザー脱毛器を使えば、いつでも好きな時間にお手入れができちゃうんです。ただ、上述のように毛周期に合わせて照射をする必要があります。カレンダーやスケジュール帳などに、いつどこをお手入れしたか記しておく必要があるのです。その管理さえしっかりできていれば、自宅でも簡単にレーザー脱毛ができちゃうんです。

脇脱毛が安いサロンランキング詳細